Security & Structure

セキュリティ・セーフティ
構造

万一の時に備えて、暮らしの安全・安心を支える確かな取り組みを多彩なカタチで。

共用部

2重のセキュリティ

エントランスホールへの開錠、エレベーターの認証には、ICカード「manaca」を採用。2重のセキュリティシステムにより、不審者の侵入を未然に抑止します。
※玄関扉の鍵でも、エントランスオートロックドアやエレベーターの認証が可能です。

2重のセキュリティ

総合セキュリティシステム導入

総合セキュリティシステムを導入。共用部のトラブルや各住戸内の火災・侵入など、異常を感知した場合は、ALSOKガードセンターに自動通報。状況に応じて迅速に対処します。

総合セキュリティシステム導入

防犯カメラ&防犯カメラモニター

エレベーター内や共用部各所に防犯カメラ(リース)を設置しています。建物内への不審者の侵入を抑止します。

防犯カメラ&防犯カメラモニター

占有部

PRシリンダー

2WAYロータリータンブラー方式により、理論鍵違いは1,000億通りとなります。また、ピッキングなどの不正開錠やドリル攻撃にも強い構造です。

PRシリンダー

鎌デットボルト

鎌状の金具がドア枠に食い込む構造のため、バール等による「こじあけ」を防止します。

鎌デットボルト

ダブルロック

防犯性をさらに高めるために、玄関ドアの2ヵ所にディンプルキー対応のロックを設置しました。

ダブルロック

サムターン

スイッチをツマミながらでないとサムターンが回らない仕組みになっており、サムターン回しなどの不正開錠に対して高い抵抗力をもっています。

サムターン

ドアスコープ

ドアスコープを外しての不正開錠を防止する空転リングと本体の回転防止構造を採用しています。

ドアスコープ

マグネットセンサー

全戸の玄関扉および1階住戸の窓※、防犯マグネットセンサーを設置しています。
※FIX窓には設置されません。

マグネットセンサー

ルーバー面格子/縦格子

プライバシー保護のため、共用廊下側の居室の窓に、ルーバー面格子※または縦格子を設けました。
※Dg・Eg・Fg・GgタイプおよびD・Eタイプの一部住戸に限ります。

ルーバー面格子/縦格子

居室の引き戸

各居室・洗面室の扉には引き戸を採用し、デッドスペースが減り、バリアフリーとなります。
※一部の居室を除く

居室の引き戸

万一の時にしっかり対応できる、災害対策を3つの視点でサポート。

3ピース・システム

万一の時に備えて、「三位一体」の
安心をお届けします。

名鉄不動産では、マンションにお住まいのお客様の声を汲み上げ、新・防災サポート「3ピース・システム」を立ち上げました。[各住戸の備え]・[共用部の備え]・[管理面の支え]という3つのピース〈peace=安心〉が一体となって安心な暮らしをサポートいたします。

各住戸の備え

全戸に「防災備品」を標準装備。

万一の時に、スムーズかつ安全に避難できるように、各住戸に防災備品を標準装備します。

防災備品
共用部の備え

共用部には、防災機器と防災備品を装備。

防災倉庫には災害時における様々なケースを想定した防災機器や防災備品などを装備します。

管理面の支え

防災訓練や防災知識の向上をサポート。

万一の時に、防災機器や防災備品を役立てていただけるよう、防災訓練の実施をサポート。また、ご入居者の方々の防災知識が高まるよう、管理会社が管理組合の活動を側面からサポートします。

暮らしの大きな安心をもたらす、目に見えない基本構造への飽くなきこだわり。

綿密な地盤調査と、適切な地盤改良

全ての杭それぞれにボーリング調査を行い、コンクリート杭をN値約50〜60の堅い支持地盤まで打ち込んでいます(約11~21m)。また、その支持地盤より上部の土壌には、セメント系固化材を一部使用し、更に住棟下部に盛土を施工するなど、適切な地盤改良を施しています。

N値とは

N値とは地盤の強度を示す数字でパイプ状の試験器具を鉄のおもりで打ち込み、30cm貫入させるのに何回打つかで導き出される数値です。一般的にN値が約50以上で強固な地盤とされています。

地盤改良
N値
地盤改良、N値

ダブル配筋

建物の耐震性と耐久性に配慮して、外壁・戸境壁などのコンクリート内に、鉄筋を二重に組むダブル配筋を採用しています。※一部除く

ダブル配筋

二重天井

床スラブと天井との間に、配線・配管スペースを確保した二重天井を採用。メンテナンスや将来のリフォームが容易になります。

二重天井

ボイドスラブ工法

上下階住戸間の床スラブに約200~275mmの厚さを確保。従来のスラブに比べ強度に優れ、遮音性にも配慮されています。小梁がなく、すっきりした居住空間となり、家具配置にもメリットがあります。

ボイドスラブ工法

コンクリートかぶり厚

かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのこと。建築基準法で定められた厚さを遵守し、コンクリートの中性化にともなう鉄筋のサビや劣化などを抑制します。

コンクリートかぶり厚

コンクリート強度

主要構造部である柱、梁、スラブには設計準強度27N/㎟(約2,700t/㎡)以上のコンクリートを採用。※一部除く

コンクリート強度

排水管遮音対策

排水音を軽減するため、遮音対策を施しています。※一部除く

※本書に記載しております品質、性能、技術などにつきまして、部位によって該当しない項目もありますのでご了承ください。

排水管遮音対策

住宅性能評価書

住宅性能評価とは、国土交通大臣登録の第三者評価機関が法律に基づき住宅の性能を評価する制度です。「設計住宅性能評価書」をすでに取得し、さらに施工・竣工の段階で検査を受ける「建設住宅性能評価書」も取得予定です。

住宅性能評価書

壁構造

RC造の外壁の室内側には、吹付け硬質ウレタンフォーム(断熱材)を施工。冷暖房効果を高め、結露を抑制します。戸境壁は音に配慮し、コンクリート壁厚約200mmを確保しています。

壁構

アウトポール設計

構造柱を専有部より外側へ出したアウトポール設計を採用。居室内に柱の出っ張りがなくなり、デッドスペースのないすっきりとした空間を実現します。※一部除く

アウトポール設計
資料請求受付中

お問い合わせは「メイツ明大寺 三島ヒルズ」販売センターまで
営業時間/10:00〜18:00 定休日/水・木曜日